空腹時

ノコギリヤシの安全性は?

「副作用」と聞くと少し怖いイメージを持ちますが、薬の場合は健康に害を与えるような副作用があったとしても、サプリメントや食事などから大きな症状が現れることはありません。
とはいえ食べ物を食べてもアレルギー症状が出ることはありますし、食べ過ぎから下痢を起こすこともあります。
そういった副作用があると怖いので、ノコギリヤシは本当に安全性が高いのか調べてみましょう。

ノコギリヤシは医薬品ではなく、食品に分類されています。
日本の薬事法では、医薬品としての販売が禁じられている植物のため、誰でも入手することができます。
誰でも入手できることから、男女問わず簡単にサプリメントを摂取しがちです。
ノコギリヤシサプリメントを飲んでいる方の中には「副作用があった」というケースもあります。

ヨーロッパの一部では、ノコギリヤシは医薬品として活用されています。
主に、前立腺肥大症の治療薬として認可されているので、高い効果が期待できることがわかります。
安全性は高いと言っても副作用に関しては注意すべきです。

天然由来のノコギリヤシを使用しているサプリメントは、安全性がより高いといえます。
添加物や合成化合物などを含んでいるサプリは、やはり信用できませんし体に悪い物も一緒に摂取していることになってしまいます。
ノコギリヤシは日本では医薬品として分類されていないため、安全性が高いと保証されていると考えてください。
それでも、安全性が信頼できない場合はより安全性の高い天然由来のサプリメントを選びましょう。

また、副作用が報告されたケースはほぼありませんが、中には過剰摂取をして副作用が出たという方もいらっしゃいます。
サプリメントだとはいえど過剰摂取はとても危険です。
ノコギリヤシサプリメントも飲みすぎないようにしてください。

日本のメーカーは1日の摂取量を320㎎程度と記載しています。
この目安を大きく飲みすぎてしまうと、副作用などの症状が現れてしまうかもしれません。
一番安全に飲む方法は、用法容量を守って正しくサプリを飲むことです。