ノコギリヤシで毎日を爽やかに!
メインイメージ

ノコギリヤシの摂取目安量は?

ノコギリヤシは植物由来で安全な成分が含まれています。
通常は北アメリカ南西部あたりで生息しているヤシ科の植物で、天然由来の副作用のない植物です。
薬として活用している地域もありますが、日本は食品として分類しています。
では、1日にどれだけ摂取しても良いのでしょうか。

日本でもノコギリヤシの摂取目安量は決められています。
これはサプリメントなどを販売しているメーカーによって異なりますが、日本国内での摂取目安量は1日200㎎から320㎎です。
身長や体重によって摂取目安量は違うため、個人差があります。

サプリメントは誰でも手に入れることができますし、お医者さんからの処方箋は必要ありません。
ドラッグストアや薬局、インターネット通販でも気軽に購入できます。
とはいえ、1日にたくさんの量を飲みすぎると悪い症状が起こってしまう可能性があるので、この目安量を守ってください。

たとえば、男女によって違いはほとんどありませんが、初めてノコギリヤシサプリメントを飲まれる際には目安の最低ラインである200㎎程度になるよう飲み始めましょう。
1日1粒というように容量が決まっている場合は、1日1粒以上飲まないよう注意書きを守ってください。

過剰摂取した場合に起こるノコギリヤシの副作用は、頭痛、めまい、吐き気、下痢、胃痛、生理不順などです。
ホルモンへと作用する成分が含まれているため、ほとんどが体内で起こる身体症状です。
1日1粒の場合、1粒に含まれているノコギリヤシ成分は320㎎程度なのでしょう。
これを2粒ずつ飲むと明らかに過剰摂取となるので、出来るだけ避けてください。
また、女性が過剰に飲むとヒゲが生えてきた、などの男性化のような症状が現れますので、絶対にやめておきましょう。

過剰に飲みすぎると危険、と言われていますが、これは本当に個人差によります。
中には1日2粒のところを3粒飲み、副作用などの症状はなかったという方もいらっしゃいます。
できるだけ1日320㎎を守ってほしいところですが、自分の体調や変化を見ながら自己管理で飲んでください。

トップに戻る