ノコギリヤシで毎日を爽やかに!
メインイメージ

ノコギリヤシとビタミンの関係

ノコギリヤシは抽出物が前立腺肥大症の治療や脱毛症などに効果があることで知られています。

ノコギリヤシは男性ホルモンの活動を活発にするのですが、皮脂分泌が多くなるという欠点もあります。
そこで、抗酸化作用のあるビタミンを一緒に摂取することで、皮脂の分泌を抑制してノコギリヤシの効果を相乗的にアップさせることができるのです。
ノコギリヤシは油分に溶けやすい脂溶性という性質を持っており、サプリメントなどで摂取する場合にも、脂質成分を含む食事の後にノコギリヤシを摂ると吸収が良くなります。

ビタミンの中でもビタミンAやビタミンD、ビタミンEはノコギリヤシと同じ脂溶性のもので、通常では特に吸収率が低いのですが、脂質を含んだ食事の後に摂取することで吸収率を高めることができます。
また、ビタミンCは反性質の水溶性ですが、満腹時の方が吸収率が高くなるという性質を持っているため、ノコギリヤシや脂溶性のビタミンと同様に食事の後に摂取することが効果的です。
また、ビタミンの吸収を良くするものとして亜鉛が挙げられますが、亜鉛はタンパク質を分解して健康な髪を作る働きをするため、ノコギリヤシとの相性も非常に良いのです。

そのため、ノコギリヤシのサプリメントなどを使用する際には、食事の後に同時にマルチビタミンや亜鉛のサプリメントを併用することで、その効果をより相乗的に高めることができるのです。

トップに戻る