ノコギリヤシで毎日を爽やかに!
メインイメージ

ノコギリヤシと同じ効果があるセルニルトン

前立腺肥大は30代から50代の男性が発症しやすい病気で、前立腺に何かしらの異常が起こってしまいます。
炎症を起こしたり、軽く肥大症になったりと症状に個人差はありますが、通常は生活習慣と深いかかわりがあるため、生活習慣の乱れの改善が求められます。
その他には、治療薬が活用されたり、サプリメントを飲まれる方など対処法は様々です。

前立腺肥大の改善としてノコギリヤシは古くから活用されています。
ヨーロッパでは、治療薬として使われているほど、日本ではサプリメントに配合され、使用されています。

ノコギリヤシの効果は、同じく前立腺肥大の治療薬として日本で処方されるセルニルトンと同じ効果です。
ほぼ同じ効果ですが、内容的には全く違います。

セルニルトンは医師から処方してもらわなければもらうことができませんが、ノコギリヤシは市販のサプリメントなどにも配合されています。
セルニルトンはライムギなどの花粉のエキスで、似ている物質にビーポーレンというものがあります。
効果は異なりますが、セルニルトンは日本で一番、前立腺肥大の治療に用いられる薬です。

ノコギリヤシは、ヤシの木の1種です。
前立腺肥大の初期症状を抑えると言われており、具体的に言えば前立腺肥大の原因となっているジヒドロテストステロンの働きを抑えるというものです。

どちらも同じ、前立腺肥大に有効的な存在ですが、大きく違う点は1つ、ノコギリヤシは薬ではないということ。
ノコギリヤシサプリメントなどは副作用もなく、安心して使うことができます。
ですが、セルニルトン薬は医者から処方されるものですし、人によってはアレルギーを持っている方もいらっしゃいます。
薬を使用していて、吐き気や食欲低下、睡眠障害などの副作用が現れた場合は、アレルギーを疑いましょう。

アレルギーも出ず、副作用の心配がないノコギリヤシは、治療薬とは違って安全に使用することができます。
まれにアレルギーを持っている方もいらっしゃいますが、治療薬よりも副作用が出る可能性は低いです。
似たような効果を得られるのなら、サプリメントに頼るのはとても有効な手段なのかもしれません。

トップに戻る